MAP / OPEN - CLOSE
 
 

TOP PAGE  |  FROM SALON   |  MENU & PRICE  |  ACCESS DATE  |  STAFF  |  RECRUIT  |  OFFICIAL BLOG

 
  ■ CONTENTS
  ■ TOP PAGE
  ■ FROM SALON
  ■ MENU & PRICE
  ■ ACCESS DATE
  ■ STAFF
  ■ RECRUIT
  □ OFFICIAL BLOG
  □ HOT PEPPER Beauty
 
 

カラーリングを長持ちさせる方法

カラーリングの色持ちの悪さに、悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
日本人の髪は赤や黄の色素が多いため、ニュアンスのある色が染まりにくく、長持ちしないといわれています。
美容院でのカラーをできるだけ長く楽しむために、カラーリングを長持ちさせる方法についてお伝えしたいと思います。

シャンプーは2日後以降に

カラーリングを行った日から2日間は、色を髪に定着させるためシャンプーは控えましょう。
2日後以降のシャンプーでは、38℃程度のぬるま湯で丁寧に洗い上げます。
熱いお湯での洗髪は、褪色(たいしょく)やダメージの原因につながります。

カラー専用シャンプーを使う

使用するシャンプー剤は、アミノ酸系のカラーリング専用シャンプーを選ぶのがポイントです。
カラーでアルカリに傾いた髪を中和する効果があるため、髪の栄養成分の流出を防ぐことができます。
また、カラーリングをした髪は水分が不足しています。
ヘアカラー後の一週間は、念入りにトリートメントでケアしましょう。

オイルトリートメント

髪が傷むことで、褪色はさらに進んでしまいます。
オイルタイプの洗い流さないトリートメントを使って、髪の表面にオイルの膜で蓋をしましょう。
オイルトリートメントはカラーリングをした髪だけでなく、エクステンションをつけている方にもおすすめです。

髪を洗いすぎない

水道水には殺菌のため塩素が含まれています。
塩素は髪のタンパク質やメラニン色素を流出させてしまうので、洗いすぎると髪がゴワゴワときしんでしまいます。
塩素を除去する効果のあるシャワーヘッドも、カラーリングを長持ちさせるには有効です。

髪を乾かしすぎない

必要以上にドライヤーで乾かしてしまうと、熱で髪が傷み、水分量も少なくなってしまいます。
髪が傷むことで褪色は進むので、ドライヤーを当てる時には乾かしすぎに注意しましょう。
ダメージや水分の蒸発を防ぐために、熱から髪を守るトリートメントをつけましょう。

新潟県燕市でカラーをするなら、西燕駅前から歩いて1分の場所にある美容室joyをご利用ください。
カットやパーマでつくる大人可愛いヘアが得意な美容院です。
ダメージを受けやすい髪と地肌のケアには、ヘッドスパがおすすめです。

TOP PAGE  |  FROM SALON  |  MENU & PRICE  |  ACCESS DATE  |  STAFF  |  RECRUIT  |  OFFICIAL BLOG

Copyright © 2010 joy. All rights reserved.